2020/01/17
VR Japan、コニカミノルタジャパン、ドコモの3社「5G×低遅延VRリアルタイム配信×ネットワークカメラ」実証実験で1秒以下の低遅延配信に成功

株式会社VR Japanは、コニカミノルタジャパン株式会社、および株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)と共同で、2019年12月に行われた「ドコモ5Gオープンラボ®Yotsuya」(以下オープンラボ)での5G(※1)を活用した共同実証実験において、360°映像という大容量データを1秒以下の低遅延で配信することに成功いたしました。

 

実験では、コニカミノルタジャパンが提供する高機能ネットワークカメラ(以下MOBOTIX)の360°撮影映像を、VRJが所有する低遅延VRリアルタイム配信システムを用いてほぼ同時にVRゴーグルに配信。
360°映像のリアルタイム配信による双方向コミュニケーションが実現したことで、医療教育分野の遠隔教育ソリューションや、建設現場の安全管理における遠隔監視ソリューションなど、様々な社会課題解決への活用が期待されています。

 

今後3社は、2020年2月、5Gとセキュリティを強化するための「ドコモオープンイノベーションクラウド™(※2)」を活用した共同実証実験を実施し、更なる発展と実用化を目指してまいります。
本ソリューションを、1月23日(木)~24日(金)、東京ビッグサイトにて開催するドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」において展示・紹介いたします。

 


※1「5G」:第5世代(5th Generation)移動通信方式の略称。大きな特徴は、「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」。
※2「ドコモオープンイノベーションクラウド™」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。